トラックとしての特徴

女性

建設現場で使用する車両を販売しているお店の中でも、特に人気が高い商品の一つがアルミウイングです。アルミウイングはトラックの種類の一つですが、大きな特徴としてあげられるのが荷物を載せる部分に使用されている素材です。アルミを主な材料として使用しているのがアルミウイングの特徴になっていて、荷台の周囲が丈夫なアルミで覆われているために、トラックに乗せた荷物を保護できる機能があります。アルミの囲いの両側部分を横側に開くことができることもアルミウイングの特徴になっていて、囲いを開いた状態にすると、鳥が羽を広げたような格好に見えることから、名前がつけられています。荷物が出し入れしやすいことも、アルミウイングの特徴です。

荷物を濡らさずに運べる仕組み

その他

アルミウイングがトラックとして利用しやすいのは、長時間の移動に使用するときにも利用しやすいからです。平ボディのトラックを使用して長時間の移動をする場合には、外部の影響を受けやすくなることも多いですが、アルミウイングを使用することで、より安全な状態で運搬が可能になります。アルミウイングが平ボディのトラックよりも荷物をしっかりと管理できるのは、採用されている車の仕組みと大きく関係しています。アルミウイングは荷台がアルミの壁で囲まれている構造になっているので、トラックの荷台に荷物を載せたときに、天候の影響を受けにくいのがメリットです。長時間の運搬をするときには、途中で雨が降ってくることもありえますが、アルミの囲いが荷台につけられているアルミウイングならば、荷物が濡れるのを効果的に防止できます。

荷物を固定した状態で移動できる仕組み

男性作業員とトラックの模型

アルミウイングには荷物を固定した状態で運搬できるメリットがあります。荷物を固定するために便利な仕組みがアルミで作られた壁で、壁に沿って荷物を積んでいくことで、長時間移動をする場合にも、移動中に荷物が崩れにくくなるのがメリットです。平ボディのトラックの場合には、風の影響により積んでいる荷物が崩れやすくなることがありますが、アルミの壁がついていれば、風による影響もしっかりと防ぐことができます。強い風が吹いている場所などでは特にアルミの壁が荷物を保護するのに重要な役割を果たし、台風の日に荷物を運ばなければいけない場合にも使いやすいトラックです。また、アルミウイングには荷物を汚れから保護しやすいメリットもありますが、汚れを保護するためにも役立っているのがアルミの覆いです。荷台の上を全面的にアルミの壁で覆うことにより、ほこりや砂が飛び散りやすい場所を移動する場合でも、荷物が影響を受けにくくなっています。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中